仁科芳雄博士がお生まれのお屋敷は、江戸中期頃築造されたものとみられています。庭園も老木が多く、四季折々に見事な花を付けています。 梅の木も4本あり、花の匂いが春の訪れを感じさせてくれております。
 毎年3月第2日曜日に「観梅会」を開催しています。ぜんざいと甘酒をふるまい、多くの皆さんに仁科芳雄博士を偲んでいただいています。