リンク

 

(財)仁科記念財団
公益財団法人 仁科記念財団
 

 仁科芳雄博士を記念して、博士の没後ときの首相吉田茂氏が発起人代表となり、1955年に設立された財団法人。原子物理学及びその応用を中心とする科学技術の振興と学術文化の振興を図ることを目的としています。
 同財団から、原子物理学とその応用の面で優れた研究成果をあげた研究者に贈られる仁科記念賞は広く知られています。

(独)理化学研究所
国立研究開発法人 理化学研究所
   研究者・政・財・学・官・皇室が一体となって、「物理学と化学の研究並びに応用研究を為し、学問の力によって国運の発展を期する。」ことを目的として設立された財団法人。仁科芳雄博士は、戦後の困難期に第4代所長を務めました。
 現在は、国立研究開発法人理化学研究所となり、物理学と化学だけでなく、工学、数理・情報科学、計算科学、生物学、医科学などにいたる総合的な科学の研究所として世界有数の存在となっています。
仁科加速器研究センター
理化学研究所・仁科加速器科学研究センター
   仁科研究室の原子物理学研究の流れを受け継いできた組織の研究センターとして、2006年の4月にスタートしました。最近、このセンターのチームによって、新元素「ニホニウム(113番元素)」の発見が成しとげられました。
(社)日本アイソトープ協会
公益社団法人 日本アイソトープ協会
   戦後、占領軍によりサイクロトロンが破壊されたため、アイソトープの生産ができなくなりました。
 医学検査や生物学研究のためのアイソトープ供給を再開したいという仁科芳雄博士の願いと、それを受けとめた占領軍科学顧問のハリーケリー博士の努力によって実現したアイソトープ供給事業を受けついでいる社団法人です。

戻るボタン