ロボコン

仁科芳雄博士顕彰事業第12回
ロボットコンテスト2004

  • 平成16年9月5日(日)
  • 里庄町立里庄中学校体育館
第12回 ロボットコンテスト2004
 今回は、あたらしいアイディアへの挑戦を期待して、アイテム(ピン球とブロック)の並べ方を少し変え、また、得点のカウント方式を一部変更し、ピン球とブロックの両方を獲得する仕組みを備えたロボットが有利になるよう競技規則の変更をいたしました。
 中学校の部19校、高等学校・一般の部12校+2団体で、計113台407名の参加を得て、参加団体数において過去最大となり、競技規則の変更を見事にクリアしたアイディア豊かなロボットたちの息詰まる接戦が展開されました。
 大会の様子は、山陽放送(RSK)と岡山県ケーブルテレビ振興協議会(キー局・笠岡放送)において、それぞれ50分と100分の番組として放映されました。
ロボコン2004
ロボット競技の部成績
得点賞
中学校部門
優 勝
寄島中学校
海鮮弐号
準優勝
寄島中学校
槍風丸号
第3位
寄島中学校
ライトニング・ソニック号
第3位
久世中学校
なまこ号
高等学校部門
優 勝
岡山工業高校
岡工情報4号改号
準優勝
岡山工業高校
ベルトン号
第3位
笠岡高校
ワンダバコピー号
第3位
東岡山工業高校
ゴルゴ13号
仁科独創賞(特に優れたアイディアを持ち、機械的に優秀なロボット。)
中学校部門
寄島中学校
海鮮弐号
高等学校部門
岡山工業高校
マッハWIN SP号
アイディア賞(斬新なアイディアを持ったロボット。)
久世中学校
なまこ号
東岡山工業高校
ゴルゴ13号
特別賞(賞に値するロボットがあるときのみ)
井原中学校
ボーリングシャフト号
笠岡高校
ワンダバコピー号
岡山工業高校
今井 真人
(オリジナルピン球回収機で会の進行に貢献したため)
ロボコン2004
ポスターの部成績
最優秀賞
優秀賞(中学校〇点、高等学校〇点)
佳作(中学校〇点、高等学校〇点)

(学年は〇年度)

第12回 ロボットコンテスト2004
ロボコン2004
決勝トーナメント
決勝トーナメント
中学校部門
トーナメント表
決勝トーナメント
高等学校部門
トーナメント表

ロボコントップへ戻る

PAGE TOP